ヒナフキンの縄文ノート

スサノオ・大国主建国論から遡り、縄文人の社会、産業・生活・文化・宗教などの解明を目指します。

「スサノオ・大国主建国論5 天神五柱・神世七代の高天原」の紹介

 gooブログ「ヒナフキンスサノオ大国主ノート」に「スサノオ大国主建国論5 天神五柱・神世七代高天原」をアップしました。https://blog.goo.ne.jp/konanhina

 古事記は「高天原(たかまがはら)」での「別天神(ことあまつかみ)五柱」「神世七代」から始まっています。

 「高天原(たかまがはら)」については、天上の国とする本居宣長らの皇国史観天皇神の国史観)、「高天原」を8世紀の創作神話とする反皇国史観高天原を地上の場所とする3つの歴史観に分かれており、古事記のまっとうな解釈から地上のどこにあたのか、検討しました。

 高天原地上説では古くは奈良県御所市高天説(金剛山高天原山)、茨城県説(常陸国多賀郡:新井白石)、宮崎県高原町説(高千穂峰の麓)、宮崎県高千穂町説(高千穂神社等)などの他、朝鮮半島説、壱岐説(古田武彦氏)、甘木説(高天原邪馬台国王都説:安本美典氏)などがみられますが、私は古事記日本書紀の王名・地名分析から2つの高天原壱岐説・甘木説)があったと考えています。

本ブログのテーマの「古事記論」としても、「高天原」と「天降り」は建国のスタートとなる重要な論点であり、また縄文から続く母系制社会がいつまで続いたのかも重要な検討課題であり、参考にしていただければと思います。雛元昌弘

本ブログのテーマの「縄文社会論」としても、縄文の母系制社会がどうスサノオ大国主建国に繋がり、現代にまで影響を及ぼしているか、「ポスト縄文社会論」として参考にしていただければ幸いです。雛元昌弘

 

□参考□

<本>

 ・『スサノオ大国主の日国(ひなのくに)―霊(ひ)の国の古代史―』(日向勤ペンネーム)

 ・『邪馬台国探偵団~卑弥呼の墓を掘ろう~』(アマゾンキンドル本)

<雑誌掲載文>

2012夏「古事記」が指し示すスサノオ大国主建国王朝(『季刊 日本主義』18号)

 2014夏「古事記播磨国風土記が明かす『弥生史観』の虚構」(前同26号)

 2015秋「北東北縄文遺跡群にみる地母神信仰と霊信仰」(前同31号)

 2017冬「ヒョウタンが教える古代アジア”海洋民族像”」(前同40号)

 2017冬「スサノオ大国主建国論1 記紀に書かれた建国者」(『季刊山陰』38号)

 2018夏「スサノオ大国主建国論2 「八百万の神々」の時代」(『季刊山陰』39号)

 2018夏「言語構造から見た日本民族の起源」(『季刊 日本主義』42号)

 2018夏「スサノオ大国主建国論3 航海王・スサノオ」(『季刊山陰』40号)

 2018秋「『龍宮』神話が示す大和政権のルーツ」(『季刊 日本主義』43号)

 2018冬「海洋交易の民として東アジアに向き合う」(前同44号)

 2019春「漂流日本」から「汎日本主義」へ(前同45号)

<ブログ>

  ヒナフキンスサノオ大国主ノート https://blog.goo.ne.jp/konanhina

  ヒナフキンの縄文ノート https://hinafkin.hatenablog.com/

  帆人の古代史メモ    http://blog.livedoor.jp/hohito/

  邪馬台国探偵団         http://yamataikokutanteidan.seesaa.net/

  霊(ひ)の国の古事記論 http://hinakoku.blog100.fc2.com/

 

「スサノオ・大国主ノート144 『じんざい→ぜんざい』はズーズー弁から?」の紹介

 日テレの「遠くへ行きたい」11月6日、『「羽田美智子の島根旅!電車運転に挑戦&奥出雲でキノコ採り」』の録画を見ていたら、神在月で振る舞われていた「ぜんざい」は昔は「神在餅(じんざいもち)」とよばれ、ズーズー弁で「じ」が「ず」になり「ずんざい」と発音し、さらに「ぜんざい」になった、という説明がされていました。

 このズーズー弁由来説に対し、私はGooブログ「倭語論15 古日本語は『3母音』か『5母音』か?」(200218)などで明らかにしましたが、古日本語は「あいういぇうぉ」5母音であり琉球弁は「あいういう」母音が残り、本土弁は「あいうえお」母音に変わりますが、出雲弁にも「あいういう」5母音が残り「じんざい」と発音していたものが、「じ→ぜ」の変化により「ぜんざい」に変わったと私は考えています。

 「じんざい」から「ぜんざい」になったという点はささいなことと思われるでしょうが、縄文人である海人(あま)族=天族の古日本語(縄文語=倭語)の「あいういぇうぉ」5母音の起源に関わる重要な論点と考えています。

 本ブログの「縄文論」としても、縄文人も食べていた小豆を使った「ぜんざい」を食べる機会がありましたら、スサノオ大国主一族は縄文人の末裔なのか、それとも弥生人(中国人・朝鮮人)の末裔なのか、考えてみていただければと思いまず。雛元昌弘 

 

□参考□

<本>

 ・『スサノオ大国主の日国(ひなのくに)―霊(ひ)の国の古代史―』(日向勤ペンネーム)

 ・『邪馬台国探偵団~卑弥呼の墓を掘ろう~』(アマゾンキンドル本)

<雑誌掲載文>

 2012夏「古事記」が指し示すスサノオ大国主建国王朝(『季刊 日本主義』18号)

 2014夏「古事記播磨国風土記が明かす『弥生史観』の虚構」(前同26号)

 2015秋「北東北縄文遺跡群にみる地母神信仰と霊信仰」(前同31号)

 2017冬「ヒョウタンが教える古代アジア”海洋民族像”」(前同40号)

 2018夏「言語構造から見た日本民族の起源」(前同42号)

 2018秋「『龍宮』神話が示す大和政権のルーツ」(前同43号)

 2018冬「海洋交易の民として東アジアに向き合う」(前同44号)

 2019春「漂流日本」から「汎日本主義」へ(前同45号)

<ブログ>

  ヒナフキンスサノオ大国主ノート https://blog.goo.ne.jp/konanhina

  ヒナフキンの縄文ノート https://hinafkin.hatenablog.com/

  帆人の古代史メモ    http://blog.livedoor.jp/hohito/

  邪馬台国探偵団         http://yamataikokutanteidan.seesaa.net/

  霊(ひ)の国の古事記論 http://hinakoku.blog100.fc2.com/

 







 

「『スサノオ・大国主建国論1・2』の修正」の紹介

 Gooブログ「ヒナフキンスサノオ大国主ノート」に「『スサノオ大国主建国論1・2』の修正」をアップしました。https://blog.goo.ne.jp/konanhina

 本ブログの「縄文論」とは直接には関係しませんが、縄文社会の霊(ひ)の神名火山(神那霊山)信仰や女神信仰、木の文明がスサノオ大国主建国につながり、さらに邪馬台国の女王・卑弥呼(霊(ひ)御子)に繋がっているという歴史全体を俯瞰していただければ幸いです。

 三雲・井原遺跡、今宿五郎江・大塚遺跡、板付遺跡、那珂遺跡で環濠城(集落)の発掘が進んでおり、『邪馬台国探偵団~卑弥呼の墓を掘ろう~』(アマゾンキンドル本)の元図も修正する必要がでてきました。雛元昌弘

 

<修正図>

<元図>

 

「スサノオ・大国主ノート143  纏向遺跡は大国主一族の祭祀拠点」の紹介

 Gooブログ「ヒナフキンスサノオ大国主ノート」に「スサノオ大国主ノート143  纏向遺跡大国主一族の祭祀拠点」をアップしました。https://blog.goo.ne.jp/konanhina

 Seesaaブログ「ヒナフキン邪馬台国ノート」に「邪馬台国ノート44 纏向の大型建物は『卑弥呼の宮殿』か『大国主一族の建物』か」(200128)を掲載していましたのが、Gooブログスサノオ大国主ノート141 出雲大社の故地を推理する」(221027)において、スサノオ大国主一族の施設配置などについて新たな発見があり、また死者の霊(ひ)が神那霊山(神名火山)から天に昇り、降りてくるという神山天神信仰がアフリカを起点として世界に見られることを縄文ノートで明らかにしてきましたので、それらを加味して書き直しました。

 とくに邪馬台国畿内説の方は、纏向遺跡の発掘により邪馬台国畿内説が全面崩壊してきていることを確認していただければ幸いです。

 本ブログの「縄文論」としても、縄文社会がスサノオ大国主建国に繋がり、さらにはスサノオ大国主・大物主王朝から天皇家への権力移行へと繋がっている歴史解明の参考にしていだければと思います。 雛元昌弘

 

□参考□

<本>

 ・『スサノオ大国主の日国(ひなのくに)―霊(ひ)の国の古代史―』(日向勤ペンネーム)

 ・『邪馬台国探偵団~卑弥呼の墓を掘ろう~』(アマゾンキンドル本)

<雑誌掲載文>

 2012夏「古事記」が指し示すスサノオ大国主建国王朝(『季刊 日本主義』18号)

 2014夏「古事記播磨国風土記が明かす『弥生史観』の虚構」(前同26号)

 2015秋「北東北縄文遺跡群にみる地母神信仰と霊信仰」(前同31号)

 2017冬「ヒョウタンが教える古代アジア”海洋民族像”」(前同40号)

 2018夏「言語構造から見た日本民族の起源」(前同42号)

 2018秋「『龍宮』神話が示す大和政権のルーツ」(前同43号)

 2018冬「海洋交易の民として東アジアに向き合う」(前同44号)

 2019春「漂流日本」から「汎日本主義」へ(前同45号)

<ブログ>

  ヒナフキンスサノオ大国主ノート https://blog.goo.ne.jp/konanhina

  ヒナフキンの縄文ノート https://hinafkin.hatenablog.com/

  帆人の古代史メモ    http://blog.livedoor.jp/hohito/

  邪馬台国探偵団         http://yamataikokutanteidan.seesaa.net/

  霊(ひ)の国の古事記論 http://hinakoku.blog100.fc2.com/

 

 

「スサノオ・大国主建国論3 記紀伝承・神話の真偽判断の方法」の紹介

 gooブログ「ヒナフキンスサノオ大国主ノート」に「スサノオ大国主建国論4 古事記神話(伝承)の構成」をアップしました。https://blog.goo.ne.jp/konanhina

 「日本神話(記紀神話)」(筆者説:スサノオ大国主国史)についての私の元々の知識は、小中高の歴史と高校の宮崎修学旅行(高千穂峡・霧島えびの高原・鵜戸神宮)、大学1年の出雲大社旅行によるもので、出雲での「イヤナギ・イヤナミの天下り」「国生み(教師たちが好きだったイヤナギの余ったところでイヤナミの足らないところを塞ぐという話)」「スサノオの八岐大蛇(やまたのおろち)退治」「国引き」「因幡の白兎」「大国主の国譲り」神話と天皇家高天原での「天岩屋戸(あまのいわと)での天照の復活(同じく教師たちの大好きなアメノウズメのストリップ話)」「天孫降臨」「山幸彦の龍宮訪問」くらいでした。

 宮崎修学旅行・出雲旅行の経験がなく、丸暗記歴史に興味がなかった理科系の妻は「因幡の白兎」「八岐大蛇退治」「天岩屋戸」伝説しか知りませんでしたから、敗戦後生まれの多くの日本人にとって日本神話はなかった、英雄時代はなかったことになってしまっているのではないでしょうか?

 19世紀、ドイツのヘーゲル左派は「キリストはいなかった」という後世創作説を唱えましたが、その影響を強く受けた津田左右吉氏ら日本の歴史学者たちは、未だにヘーゲル左派流の日本神話創作説を維持し続けていますが、今、世界で「キリストはいなかった」などと主張する歴史学者がいるでしょうか? そんなに19世紀が大好きなのなら、私は「シュリーマンに帰れ」といいたいですね。そして、古事記日本書紀・魏書東夷伝倭人条などからスサノオ大国主卑弥呼の墓を発掘してみせなければ、日本の歴史学は19世紀以前と世界の笑いものでしょう。

 本ブログのテーマの「縄文社会論」としても、縄文文化・文明がどうスサノオ大国主建国に繋がり、現代にまで続いているか、「ポスト縄文社会論」として参考にしていただければ幸いです。雛元昌弘

 

□参考□

<本>

 ・『スサノオ大国主の日国(ひなのくに)―霊(ひ)の国の古代史―』(日向勤ペンネーム)

 ・『邪馬台国探偵団~卑弥呼の墓を掘ろう~』(アマゾンキンドル本)

<雑誌掲載文>

2012夏「古事記」が指し示すスサノオ大国主建国王朝(『季刊 日本主義』18号)

 2014夏「古事記播磨国風土記が明かす『弥生史観』の虚構」(前同26号)

 2015秋「北東北縄文遺跡群にみる地母神信仰と霊信仰」(前同31号)

 2017冬「ヒョウタンが教える古代アジア”海洋民族像”」(前同40号)

 2017冬「スサノオ大国主建国論1 記紀に書かれた建国者」(『季刊山陰』38号)

 2018夏「スサノオ大国主建国論2 「八百万の神々」の時代」(『季刊山陰』39号)

 2018夏「言語構造から見た日本民族の起源」(『季刊 日本主義』42号)

 2018夏「スサノオ大国主建国論3 航海王・スサノオ」(『季刊山陰』40号)

 2018秋「『龍宮』神話が示す大和政権のルーツ」(『季刊 日本主義』43号)

 2018冬「海洋交易の民として東アジアに向き合う」(前同44号)

 2019春「漂流日本」から「汎日本主義」へ(前同45号)

<ブログ>

  ヒナフキンスサノオ大国主ノート https://blog.goo.ne.jp/konanhina

  ヒナフキンの縄文ノート https://hinafkin.hatenablog.com/

  帆人の古代史メモ    http://blog.livedoor.jp/hohito/

  邪馬台国探偵団         http://yamataikokutanteidan.seesaa.net/

  霊(ひ)の国の古事記論 http://hinakoku.blog100.fc2.com/

 

「スサノオ・大国主ノート142 綾子踊のルーツは出雲の阿国の『ややこ踊り』」の紹介

 Gooブログ「ヒナフキンスサノオ大国主ノート」に「スサノオ大国主ノート142 綾子踊のルーツは出雲の阿国の『ややこ踊り』」をアップしました。https://blog.goo.ne.jp/konanhina

 11月1日の東京新聞夕刊は綾子踊などの「『風流踊』無形文化遺産登録へ」という記事を「ジブリパーク」の記事の隣に載せていました。

 風流踊(ふりゅうおどり)は「中世芸能のひとつで、鉦・太鼓・笛など囃しものの器楽演奏や小歌に合わせて様々な衣装を着た人びとが群舞する踊り」(ウィキペディア)で、男女・身分入れ替わりの「仮装踊り・仮装行列」であり「日本のカーニバル・ハロウィン」といってよいものです。

 中でも香川県まんのう町の綾子踊、新潟県柏崎市女谷の綾子舞は、古事記に書かれた大国主の娘の高比売(下照比売)の夷振(ひなぶり)、さらには出雲大社巫女舞をルーツとし、出雲の阿国により京都で「ややこ舞」として広まり、各地に伝わりまんのう町と柏崎市に現在まで残ったと考えています。

 ハロウインなどやっている場合ではなく、各地の「風流踊」の仮面・仮装行列を大々的に復活させてはどうでしょうか?

 私は全ての死者の霊を神として祀り「霊継(ひつぎ:命のリレー)」を大事にする「八百万神神道」の出雲大社などの世界遺産登録運動の一環として、風流踊を位置付けるべきと考えます。

 本ブログの「縄文論」としても、縄文土笛がどのような祭りに使われたのか、高比売(下照比売)の夷振(ひなぶり)出雲大社など各神社に伝わる巫女舞との関係などについて解明をすすめる参考にしていだければと思います。 雛元昌弘

 

□参考□

<本>

 ・『スサノオ大国主の日国(ひなのくに)―霊(ひ)の国の古代史―』(日向勤ペンネーム)

 ・『邪馬台国探偵団~卑弥呼の墓を掘ろう~』(アマゾンキンドル本)

<雑誌掲載文>

 2012夏「古事記」が指し示すスサノオ大国主建国王朝(『季刊 日本主義』18号)

 2014夏「古事記播磨国風土記が明かす『弥生史観』の虚構」(前同26号)

 2015秋「北東北縄文遺跡群にみる地母神信仰と霊信仰」(前同31号)

 2017冬「ヒョウタンが教える古代アジア”海洋民族像”」(前同40号)

 2018夏「言語構造から見た日本民族の起源」(前同42号)

 2018秋「『龍宮』神話が示す大和政権のルーツ」(前同43号)

 2018冬「海洋交易の民として東アジアに向き合う」(前同44号)

 2019春「漂流日本」から「汎日本主義」へ(前同45号)

<ブログ>

  ヒナフキンスサノオ大国主ノート https://blog.goo.ne.jp/konanhina

  ヒナフキンの縄文ノート https://hinafkin.hatenablog.com/

  帆人の古代史メモ    http://blog.livedoor.jp/hohito/

  邪馬台国探偵団         http://yamataikokutanteidan.seesaa.net/

  霊(ひ)の国の古事記論 http://hinakoku.blog100.fc2.com/

 

「スサノオ・大国主ノート141 出雲大社の故地を推理する」の紹介

 Gooブログ「ヒナフキンスサノオ大国主ノート」に「スサノオ大国主ノート141 出雲大社の故地を推理する」をアップしました。https://blog.goo.ne.jp/konanhina

 私は2007年2月に出雲大社、2013年9月には島根県立古代出雲歴史博物館を見学して、次に記す2つの疑問を持っていました。建築史の授業にはほとんど出られなかった建築学生でしたが、仕事ではプランナーとして施設立地や都市計画に携わってきた経験からの疑問です。

 

出雲大社建築計画の2つの疑問>

疑問1 出雲大社が神名火山(神那霊山)である八雲山を向いていない。

疑問2 長い直階段は横風に対して構造的に弱い。建築時に足場が不要となる内階段(廻り階段)の可能性が高いのでは。

 

 この疑問1から、出雲大社は現在の位置ではなく、紀元2世紀から250m東南の位置に建てられており、1108年に倒壊した後に、西・北・東風の影響を受けにくい谷間に移された可能性が高いことを解明しました。

 私は纏向遺跡の大型建物や箸墓・崇神天皇陵などの古墳が大国主一族の神名火山(神那霊山)である穴師山を向いていることから、大国主一族の施設立地には「神名火山(神那霊山)からの直線配置」「二等辺三角形配置」の法則があることを見つけていますが、その法則が出雲大社の立地にも当てはまることを解明しました。

 これまで、全世界の氏族・部族社会(母族社会と言いかえたいと思います)段階には、地母神信仰とともに、死者の霊(ひ:祖先霊)が神名火山(神那霊山)から天に昇る神山天神信仰であったことを明らかにしてきましたが、わが国の縄文社会から妻問夫招婚によるスサノオ大国主建国はもっともよくその歴史を示しており、世界遺産登録の価値があると考えており、48mの世界一の高さであった可能性の高い出雲大社神殿の復元を望んでおり、出雲大社の当初の立地場所の解明は不可欠と考えています。

 出雲の皆さんに取り組んでいただきたいと考え、この一文をまとめました。

本ブログの「縄文論」としても、縄文巨木建築と大国主出雲大社や邪馬壹国(やまのいのくに)時代の吉野ヶ里遺跡原の辻遺跡の「楼観」との関係について解明をすすめる参考にしていだければと思います。 雛元昌弘

 

□参考□

<本>

 ・『スサノオ大国主の日国(ひなのくに)―霊(ひ)の国の古代史―』(日向勤ペンネーム)

 ・『邪馬台国探偵団~卑弥呼の墓を掘ろう~』(アマゾンキンドル本)

<雑誌掲載文>

 2012夏「古事記」が指し示すスサノオ大国主建国王朝(『季刊 日本主義』18号)

 2014夏「古事記播磨国風土記が明かす『弥生史観』の虚構」(前同26号)

 2015秋「北東北縄文遺跡群にみる地母神信仰と霊信仰」(前同31号)

 2017冬「ヒョウタンが教える古代アジア”海洋民族像”」(前同40号)

 2018夏「言語構造から見た日本民族の起源」(前同42号)

 2018秋「『龍宮』神話が示す大和政権のルーツ」(前同43号)

 2018冬「海洋交易の民として東アジアに向き合う」(前同44号)

 2019春「漂流日本」から「汎日本主義」へ(前同45号)

<ブログ>

  ヒナフキンスサノオ大国主ノート https://blog.goo.ne.jp/konanhina

  ヒナフキンの縄文ノート https://hinafkin.hatenablog.com/

  帆人の古代史メモ    http://blog.livedoor.jp/hohito/

  邪馬台国探偵団         http://yamataikokutanteidan.seesaa.net/

  霊(ひ)の国の古事記論 http://hinakoku.blog100.fc2.com/