ヒナフキンの縄文ノート

スサノオ・大国主建国論から遡り、縄文人の社会、産業・生活・文化・宗教などの解明を目指します。

「帆人の古代史メモ114」の図7の修正

 ライブドアブログ「帆人の古代史メモ」に「114 『和をもって貴し』は『倭をもって貴し』である」の図7を修正しました。http://blog.livedoor.jp/hohito

倭語論・倭人ルーツ論に関わる重要な論点の図7の古日本語の「あ、い、う、いえ、いお」5母音が、琉球では「あ、い、う、い、う」、本土では「あ、い、う、え、お」になったとした図の最後の文字などが、コピーの際に欠けていました。ワード図のコピー作業は油断できません。

 これまで、琉球弁は本土弁が変化した方言とされてきましたが、私は共通の古日本語から、琉球弁と本土弁に分かれたと考えてきており、今回、チベット東部からきたとされる雲南省などの「イ(夷・倭)族」が「a、 i、 u、 e、ie、 o、uo」母音であることに気付き、雲南の「イ(夷・倭)族」と日本列島の「委奴族・倭族」が共通のルーツを持つことに確信を持っています。

 

<元図>

 

<修正図>

 

 本ブログの縄文社会論としても、雲南の「イ(夷・倭)族」と日本列島の「委奴国・倭人」の関係について、さらに総合的に追究していきたいと考えます。

「帆人の古代史メモ114 『和をもって貴し』は『倭をもって貴し』である」の紹介

 ライブドアブログ「帆人の古代史メモ」に「114 『和をもって貴し』は『倭をもって貴し』である」をアップしました。http://blog.livedoor.jp/hohito

 縄文論とは直接には関わりありませんが、「9.『委・倭人』のルーツはどこか?」では、雲南の「イ(夷・倭)族(烏蕃、ロロ族:1200万人)」とわが国の「委・倭(い)人」との関係を整理していますので、参考にしていただければ幸いです。

聖徳太子についての各説を極論的にまとめると、右派は「日出処天子致書日沒処天子」と「新羅侵攻」に着目して独立・武闘派であると主張し、左派リベラルは反天皇制から「聖徳太子架空説」を唱えるか、「和を以て貴しとなす」から現憲法9条などに繋がる協調・和平派ととらえ、あるいは人道的な立場から仏教思想を広めた「聖王」とみるなどの大きな相違が見られます。

 このような分岐は、ロシアのウクライナ侵略がおこり、米中両覇権国に挟まれた現在のわが国の政治的・軍事的な立ち位置にも密接に関わるテーマでもあり、私は歴史的な分析として、聖徳大王(おおきみ)は若き独立・武闘派から、スサノオ大国主建国からの「倭国(わのくに)」「美和国(みわのくに)」「大和国(おおわのくに)」の伝統を引き継ぎ、隋と対等に渡りあう駆け引きのできる和戦両様の協調・和平派の成熟した政治家へと変貌を遂げた、と考えます。

私は磯田道史氏のように、歴史解釈では「もし~」を含めて検討することこそが重要と考えますが、「もしも聖徳太子が長寿な聖徳天皇であったら」と考えざるをえません。そうすると蘇我入鹿殺害、中大兄皇子百済出兵と白村江での新羅・隋連合軍への大敗北、大海人皇子天武天皇)への政権移動があったかどうか、気になりませんか? 是非、皆さんもシミュレーションしてみて頂きたいと考えます。 雛元昌弘

 

□参考□

<本>

 ・『スサノオ大国主の日国(ひなのくに)―霊(ひ)の国の古代史―』(日向勤ペンネーム)

 ・『邪馬台国探偵団~卑弥呼の墓を掘ろう~』(アマゾンキンドル本)

<雑誌掲載文>

 2012夏「古事記」が指し示すスサノオ大国主建国王朝(『季刊 日本主義』18号)

 2014夏「古事記播磨国風土記が明かす『弥生史観』の虚構」(前同26号)

 2015秋「北東北縄文遺跡群にみる地母神信仰と霊信仰」(前同31号)

 2017冬「ヒョウタンが教える古代アジア”海洋民族像”」(前同40号)

 2018夏「言語構造から見た日本民族の起源」(前同42号)

 2018秋「『龍宮』神話が示す大和政権のルーツ」(前同43号)

 2018冬「海洋交易の民として東アジアに向き合う」(前同44号)

 2019春「漂流日本」から「汎日本主義」へ(前同45号)

<ブログ>

  ヒナフキンスサノオ大国主ノート https://blog.goo.ne.jp/konanhina

  ヒナフキンの縄文ノート https://hinafkin.hatenablog.com/

  帆人の古代史メモ    http://blog.livedoor.jp/hohito/

  邪馬台国探偵団              http://yamataikokutanteidan.seesaa.net/

  霊(ひ)の国の古事記論 http://hinakoku.blog100.fc2.com/

 

「神話探偵団139 史聖・太安万侶の古事記からの建国史」の紹介

 Gooブログ「ヒナフキンスサノオ大国主ノート」に「神話探偵団139 史聖・太安万侶古事記からの建国史」をアップしました。https://blog.goo.ne.jp/konanhina

 私のスサノオ大国主建国論は、古事記(ふるのことふみ)を中心に置き、日本書紀風土記万葉集、魏書東夷伝倭人条・後漢書三国史記新羅本紀などの文献、神社伝承や民間伝承、地名、物証(農耕痕跡・石器・玉器・青銅器・墓等)などを総合的に検討してきましたから、古事記の評価が何よりも重要となります。

 これまで「古事記偽書説」「記紀神話8世紀創作説」「太安万侶非実在説」など、シュリーマン以前の19世紀のヘーゲル左派の「キリスト神話説」「キリスト非実在説」に倣った「日本神話否定史観」に対し、私は太安万侶こそが日本の「史聖」であり、古事記こそが「日本最初の根本史書」であると考えています。

 「スサノオ大国主建国論と天皇家建国論の2層構造」の古事記と、「ドキュメンタリー・ミステリー・ファンタジー3表現」で書き上げた太安万侶復権と名誉回復を図っておきたいと考えました。

 本ブログの「縄文論」としても、スサノオ大国主建国から遡って縄文社会の解明を進める作業の参考にしていただければと思います。 雛元昌弘

 

「NoWar45 元寇(蒙古襲来)とウクライナ」の紹介

 楽天ブログ「NoWar2022」に「45 元寇(蒙古襲来)とウクライナ」をアップしました。https://plaza.rakuten.co.jp/nowar2022/

 プーツァーリ・プーターリンのロシア帝国ウクライナ侵攻に対し、「ロシアとウクライナはもともと同一民族」「ウクライナは和平(降伏)を選ぶべきであった」などの意見が見られますが、日本の3つの侵略戦争元寇(蒙古襲来)の歴史から、モンゴルの攻撃・支配を受けた歴史を持つウクライナの戦争を考えてみましたので紹介します。

 本ブログの「縄文論」とは直接は関係しませんが、世界史と日本史の繋がりを考える参考にしていだければと思います。 雛元昌弘






 

 

縄文ノート146 日本人似の外国人

 楽天ブログ「NoWar2022 44ブリヤート人キルギス人とウクライナ戦争」では、モンゴルに接しているロシア連邦ブリヤート共和国の若者や中国に接しているキルギス共和国からの「移民」の若者を高給で契約軍人としてウクライナ戦線に送り出し、ロシア人よりも高い割合で死者を出しているという6月30日のNHKの「国際報道2022 北欧2国のNATO加盟をトルコが移転支持」を紹介しました。―「https://plaza.rakuten.co.jp/nowar2022」参照 

 すでに何度も書きましたが、ブリヤート人には日本人に一番多いY染色体D型がみられ、NHKスペシャル「日本人 はるかな旅⑴ マンモスハンター、シベリアからの旅立ち」(2001年)などでも「日本人バイカル湖畔起源説」として紹介されてきています。さらに、キルギス共和国には「キルギス人と日本人は兄弟で、肉が好きな者はキルギス人となり、魚が好きな者は東に渡り日本人となった」という伝説があることを何かの番組でみた記憶があります。

 興味のおもむくままに横道に逸れ、細部にこだわるのは私の悪い癖ですが、昔から気になっている「人相」についてメモしておきたいと思います。

 私の母親ゆずりの丸顔・広額は中国南部系では、ガッシリ短足は縄文系か、母方の祖母・曾祖母・叔父の長身足長体系はドラヴィダ系では、父方の叔父の長身胴長体系は北方騎馬民族系では、高校時代に好きだった同級生や長男の妻は東南アジア系ではなどと夢想していましたが、リタイアして増えたテレビ番組を見ていると、ブータン人にはかなりの割合で日本人に似た顔があり、チベット人ブリヤート人にも似た顔がみられ、中国の雲南省四川省などのイ族(夷族、烏蛮族、ロロ族など)やミャンマー・タイなどの東南アジア山岳地域の少数民族にも日本人似がかなり見られます。エチオピア人にも日本人似がいてびっくりすることもあります。

 もともとの人類全てのルーツがアフリカにあり、多民族遺伝子同士では、互いに似た者同士がいて当然なのですが、日本人同士でも私はよく「あんた〇〇ちゃん」と間違えられたことがあります。

 この機会にHPを検索してみると、「日本人に顔が似ている民族・国家 TOP20」というブログがヒットしましたので、紹介しておきたいと思います。作者のkejifua3baさんがどういう人かわかりませんが、評価をみていると韓国に住んだことがあり諸外国にもよく行っている人のようであり、私などとは大違いですので体験的な印象が参考になります。

 なお、DNA、人種、民族、国民については、歴史・言語・文化・宗教・政治などのどこに共同性を認めるかで異なってくるのであり、私は喧嘩・戦争・支配を行うためではなく、互いの違いと共通性を確かめ、友好・平和・共存のために総合的な研究が必要と考えています。

 

 この評価の2位ブータン人、3位インド人(北東部)、7位チベット人、8位韓国人、9位アンダマン人(インド領)、11位ブリアート人、14位中国人、16モンゴル人などはなるほどと思いますが、中国には55の少数民族がおり、広西チワン族内モンゴル寧夏回族、新疆ウイグルチベットの5自治区があり、ロシアには190の基幹民族(うち人口5万人未満の47少数民族)からなり、共和国22、自治州1、自治管区4があるなど、民族単位でみないと人相の類似性比較は意味がないといえます。―後掲の図2~4参照

 中国のチベット自治区、ロシアのサハ・ブリヤートアルタイ共和国とチュクチ自治管区、インドの北東部(シッキム・アッサムなど)などが取り上げられていますが、中国では雲南省四川省広西チワン族自治区などの少数民族などの調査も求められます。

 表にはY染色体D型の欄を私が追加しましたが、「◎・〇」は縄文人が日本列島にやってきたルートと符合しており、私の「南方・北方両ルート起源説」を裏付けています。

 

   

 将来、人相を決めるDNA研究(頭蓋骨の形状、鼻の高さ、切れ目、一重瞼、唇形、縮れ毛など)と世界の特に人種交雑の少ない少数民族や辺境人のDNAと顔のAI分析が進めば、日本列島への人類の移動ルートを確定する1つの手がかりになるのではないでしょうか?

 

 

「神話探偵団138 『神武東征』についてー若御毛沼命の河内湖通過時期」の紹介

 Gooブログ「ヒナフキンスサノオ大国主ノート」に「神話探偵団138 『神武東征』についてー若御毛沼命の河内湖通過時期」をアップしました。https://blog.goo.ne.jp/konanhina

もともとFC2ブログ「霊(ひ)の国の古事記論54 若御毛沼命の河内湖通過(「神武東征」)時期について」(2014.10.19)にアップしていたのですが、当時、忙しかったのか、図を掲載しないままになっていました。

この論点は、スサノオ大国主建国、邪馬台国九州説・畿内説、天皇家建国にとって欠かせないテーマであり、FC2ブログ「霊(ひ)の国の古事記論」で再掲するとともに、Gooブログ「ヒナフキンスサノオ大国主ノート」、Seesaaブログ「ヒナフキン邪馬台国ノート」、Livedoorブログ「帆人の古代史メモ」でもそれぞれ掲載しました。

大和の天皇家が、初代天皇ワカミケヌ(8世紀の忌み名は神武天皇)が生まれた場所をなぜ九州南西端の薩摩半島の笠沙阿多(かささのあた)としたのか、それは事実なのかそれとも後世の創作なのか、気になりませんか?(上川隆也主演のテレビドラマ『遺留捜査』の主人公「糸村君」の口調になってきました(笑))。

本ブログの「縄文論」とは直接には繋がりませんが、「ポスト縄文」のテーマとしてご参考までにお知らせします。 雛元昌弘












 

□参考□

<本>

 ・『スサノオ大国主の日国(ひなのくに)―霊(ひ)の国の古代史―』(日向勤ペンネーム)

 ・『邪馬台国探偵団~卑弥呼の墓を掘ろう~』(アマゾンキンドル本)

<雑誌掲載文>

 2012夏「古事記」が指し示すスサノオ大国主建国王朝(『季刊 日本主義』18号)

 2014夏「古事記播磨国風土記が明かす『弥生史観』の虚構」(前同26号)

 2015秋「北東北縄文遺跡群にみる地母神信仰と霊信仰」(前同31号)

 2017冬「ヒョウタンが教える古代アジア”海洋民族像”」(前同40号)

 2018夏「言語構造から見た日本民族の起源」(前同42号)

 2018秋「『龍宮』神話が示す大和政権のルーツ」(前同43号)

 2018冬「海洋交易の民として東アジアに向き合う」(前同44号)

 2019春「漂流日本」から「汎日本主義」へ(前同45号)

<ブログ>

  ヒナフキンスサノオ大国主ノート https://blog.goo.ne.jp/konanhina

  ヒナフキンの縄文ノート https://hinafkin.hatenablog.com/

  帆人の古代史メモ    http://blog.livedoor.jp/hohito/

  邪馬台国探偵団              http://yamataikokutanteidan.seesaa.net/

  霊(ひ)の国の古事記論 http://hinakoku.blog100.fc2.com/

「神話探偵団137 建国・国・文明・国家」の紹介

 Gooブログ「ヒナフキンスサノオ大国主ノート」に「神話探偵団137 建国・国・文明・国家」をアップしました。https://blog.goo.ne.jp/konanhina

 スサノオ大国主建国論をまとめる以上、「建国」や「国」「文明」「国家」の定義について、まず検討しておく必要があります。私はよく「趣味は古代史です」などと言ってきましたが、「古代はいつからなのか」と質問されるとどう答えようか面倒だなと思っていたこともあり、ここで整理しておきたいと考えました。

 古代国家論では、キリスト教を思想的ベースにした西欧史学は、マルクスを含めて大きな誤りを犯しており、人々を統合した「古代宗教」の分析が欠かせないと考えています。

 エジプトのファラオの神権政治メソポタミアの司祭を頂点とした社会構造、インドのバラモン(司祭)を頂点にしたカースト制度、中国・殷の亀卜(きぼく)による神権政治、妻問夫招婚の霊(ひ:祖先霊)信仰による氏族・部族連合のスサノオ大国主王朝や邪馬台国卑弥呼(霊御子=霊巫女)を女王とする鬼道(祖先霊信仰)による連合国などを見ても、氏族・部族社会においては宗教の果たす役割が大きく、西欧史学の古代論は全面的な見直しが必要と考えます。

 ユダヤ・キリスト・イスラム教徒が侵略し、絶滅を図った女神信仰やや神山天神信仰、殺戮された「魔女」の宗教、天皇一族が滅ぼした各地の女王国の分析などから、古代国家論を再構築する必要があると考えます。

 本ブログの「縄文論」としても、世界の宗教史・建国史の中に縄文時代から続くスサノオ大国主一族の霊(ひ)・霊継(ひつぎ)宗教と建国を位置づけ、アフリカ・アジア・アメリカの古代史の解明に取り組んでいきたいと考えています。 雛元昌弘

 

□参考□

<本>

 ・『スサノオ大国主の日国(ひなのくに)―霊(ひ)の国の古代史―』(日向勤ペンネーム)

 ・『邪馬台国探偵団~卑弥呼の墓を掘ろう~』(アマゾンキンドル本)

<雑誌掲載文>

 2012夏「古事記」が指し示すスサノオ大国主建国王朝(『季刊 日本主義』18号)

 2014夏「古事記播磨国風土記が明かす『弥生史観』の虚構」(前同26号)

 2015秋「北東北縄文遺跡群にみる地母神信仰と霊信仰」(前同31号)

 2017冬「ヒョウタンが教える古代アジア”海洋民族像”」(前同40号)

 2018夏「言語構造から見た日本民族の起源」(前同42号)

 2018秋「『龍宮』神話が示す大和政権のルーツ」(前同43号)

 2018冬「海洋交易の民として東アジアに向き合う」(前同44号)

 2019春「漂流日本」から「汎日本主義」へ(前同45号)

<ブログ>

  ヒナフキンスサノオ大国主ノート https://blog.goo.ne.jp/konanhina

  ヒナフキンの縄文ノート https://hinafkin.hatenablog.com/

  帆人の古代史メモ    http://blog.livedoor.jp/hohito/

  邪馬台国探偵団              http://yamataikokutanteidan.seesaa.net/

  霊(ひ)の国の古事記論 http://hinakoku.blog100.fc2.com/