ヒナフキンの縄文ノート

スサノオ・大国主建国論から遡り、縄文人の社会、産業・生活・文化・宗教などの解明を目指します。

2020-12-10から1日間の記事一覧

縄文ノート23(Ⅰ-4)  2020八ヶ岳合宿報告

これまで私は主にスサノオ・大国主建国論、八百万神の霊(ひ)・霊継(ひつぎ)宗教、人類の旅、農耕起源、母系制社会、出雲大社から縄文社会・文化を見てきましたが、今回の合宿の見学でスサノオ・大国主一族の神籬(ひもろぎ=霊洩木)信仰、神名火山(神…